髪のお悩みアドバイス

髪型・薄毛・髪の傷みなど髪の悩みを解消していきましょう。

一人でも簡単にできる!巻き髪の作り方講座

巻き髪って可愛いですよね、でも巻き髪の作り方って難しそうですが、実際はコツをつかめば一人でもちゃんと綺麗にできるので、そのコツをちょっと教えます。

まず綺麗な巻き髪の基本は綺麗なストレートです、ストレートヘアアイロンを使ってしっかり真っ直ぐ伸ばしましょう。

綺麗なストレートになったらヘアスタイルをキープする為のムース等のスタイリング剤を髪に全体的に馴染ませます。
ここまで終わったら巻いていきやすいように適当に髪を分けて上下にブロッキングします。

そしていよいよ髪を巻き始めていきます、最初はヘアアイロンを使ってサイドから巻いていきますが、巻くときに毛先を折らないように反対の手でつまみながら巻きます。

ここで毛先が折れると綺麗な巻き髪に仕上がりません、少しずつずらしながら毛先まで巻いていきましょう。

両サイドを巻き終ったら、次はバックを巻いていきます、後ろはちょっと巻きにくいですが慣れれば手早くできるようになるので頑張りましょう。

ここまでできたらブロッキングを外してトップに太めのホットカーラーを巻きます、これでトップに自然なボリュームができます。

仕上げにトップと残りの両サイドを巻いて最後にホットカーラーを外せばクルクル巻き髪の出来上がりです!
最後にスタイリングワックスを髪をほぐすようにして少量付けるとスタイルが綺麗にまとまります。

自分で茶髪にしてみよう!

一度は自分でヘアカラーをしてみたいって思った事はないでしょうか?
ドラッグストアでヘアカラーリング剤を見て、「あ、この色いいな」と思っても失敗したらと思うとなかなか買う気がしませんよね。

実際に失敗して上手に染まらなかったり髪がバサバサになったりする人もいるようです。
自分でする上手なカラーリングのコツは何でしょうか。

まず一番のポイントは「つけすぎない」事です、髪の色は濡れた状態だと乾いている時よりも色が濃く見えがちです。
だから色のつき方がまだ足りないと思って、どんどん足していくと乾かした時には顔が青ざめる可能性もあります、だから説明書の時間や分量はきちんと守りましょう。

コツとしては一度仕上げてみて、それで色つきが悪かったら今度は1回目より少ない量でしてみます、様子をみながら少しずつしていきましょう。

それとブリーチとマニキュア、カラーリングではそれぞれ色の付け方が違います。
ブリーチは元々の髪の色素を抜く方法なので硬い髪質で量が多い人に向いています。
マニキュアは髪の表面に色をコーティングする方法で、柔らかくコシのない髪質の人に向いています。
カラーリングは髪自体を染める方法で、仕上りを考えながらしないと染めすぎる場合があります。
それぞれ自分の髪質に合った方法を使いましょう。

自分でカラーリングする時にもうひとつ注意する事は「後ろにも髪がある事を忘れない」事です。
全体を染める時には問題ないようですが、表面だけとかメッシュの場合は見えない後ろを忘れがちです。
せっかくカッコよく決まっても前だけなんていう事がないように気をつけましょう。

髪を自分で上手にカットする方法

自分で髪をカットするセルフカットは慣れないとなかなか難しいですよね。
前髪だけなら大丈夫だろうと思って自分でカットしてみても、出来上がりを鏡で見たら前髪が一直線になっていたなんていう事もありがちです、上手に自分でカットする方法ってあるんでしょうか?

自分でカットするのには髪が長いほど髪を持ち上げて切る事ができるのでうまくいきやすいようです。
レイヤースタイルにしている人は上下の髪の長さが違うので、斜めに持ち上げながら切ってラインをうまくつなぐという技術が必要になりちょっと例外です。

だから全体的な長さが一緒な感じのヘアスタイルは大きな問題はなく自分でカットしやすいです、髪の長い人が自分でカットする時に重要なのは、カットのやり方よりもその後の髪のスキ方のようです。

なので長さを揃える時にはカット用のハサミを使って、そのままの長さで髪の量を減らしたい時にはスキバサミを使います、できれば両方のハサミを準備して目的に合わせて使い分けましょう。
うまくカットするコツは髪に沿って縦にカットすると自然な感じに仕上がるようです。

用意するハサミは髪の事を考えるならあまり安すぎるものは止めておいた方がいいみたいです、刃が悪いと枝毛や切れ毛等の原因になりますよ。

スキバサミはクシの幅が広かったりクシ同士の間隔が狭かったりすると髪が潰れてしまいます、なので購入する時にお店の人に相談すると適当なものを選んでくれるのではないでしょうか。

ヘアワックスの上手な使い方

ヘアアレンジの本の見本に載っているヘアモデルさんみたいに毛先にステキなニュアンスを出したいんだけど、プロのヘアメイクさんみたいにうまく使うのって難しいですね。

自分でヘアワックスを付けると、どうしてもベタッとなってしまいます。
エアリーなふわふわモデル髪に仕上げるコツはあるんでしょうか?

まずワックスは髪に動きをもたせたり、まとまりよくするのには最適な整髪剤ですが付けすぎてしまうと全体がベタッとした重い感じになってしまいますね。

これを解消するにはワックスを付け始める前に髪の根元を立ち上げるようにブローしておくと動きのある毛先を作りやすいです。

次にワックスの上手な付け方ですが、ベタついた仕上りにならない為には一度にたくさんのワックスをつけないようにする事です。
それぞれによって髪の量や長さには当然違いがあります。
ですので、はっきりとこれくらいでというのは説明しにくいんですが、大体の量の目安は50円玉の大きさ位です。
その位の量を手に取り、手のひらでしっかりと伸ばします。

そして付け方は髪の内側から外側へ根元が立ち上がるような感じに薄くつけていきます。
次に後頭部、襟足、サイドと薄くつけていき、最後の残りでフェイスラインや前髪を整えます。
髪の量が多くてつきが弱く感じるような場合は2回に分けるとかして調整しましょう、ヘアワックスはあくまでも薄めが基本なので髪の量が多いからって一度にたくさんのワックスを付けるのは失敗の原因になりますよ。

初めて行く美容室での髪の切り方

いつも行っている行きつけの美容室に行く時は別として、滅多に行かないか初めて行く美容室で髪を切ってもらう時はちょっと不安ですよね。

自分の思い描く希望の髪型と髪を切ってもらうスタイリストさんとの意思の疎通がうまくできずに自分の希望とは違った仕上りになってかなりガッカリした経験ってないですか?
そんな美容室での失敗をしない様に美容室での髪の上手な切り方をちょっと覚えておきましょう。

まず最初に馴染みでない初めて行くお店では「こんな感じで」とか曖昧な表現は止めた方がいいでしょう。
でも実際に「ここは○○センチ切って」と言うのも意外と行き違いの原因になりがちです。

美容師さんは指定通りの長さに切っていたとしても、スキバサミの入れ方とかで見た目にはちょっと違って見える事もよくあるからです。

髪型にしても「ショートカット」とか「セミロング」というのも正式な規定があるわけではないので人によって「ショートカット」とか「セミロング」の基準がまちまちです。
だから雑誌等で自分の好みの髪型を見つけた時にはその写真を持っていって、それを見せてカットしてもらうのが一番いい方法でしょう。

もしそういった見本みたいな物が見つからなかったら、自分の好きな長さや思い描いているイメージ等をできる限りきちんと伝えましょう。
こんなヘアスタイルはヤダという事があれば特にそれはしっかりと伝えておきます。

だからよく行く美容室でよく自分の事を知っているスタイリストさんであれば大まかに伝えてあとはお任せでもいいかもしれませんが、相手がプロだからといって初めて担当してもらう相手に「お任せ」と言ってしまうとお互いのイメージの違いで後悔する事もあります。

切りすぎた髪は元には戻せないので、しっかりと自分の好みを伝えて、お互いに意思合せをしてからカットに取り掛かってもらいましょう。

 | HOME | 

髪を傷めるヘアカラー、頭皮の毛穴をふさぐスタイリング剤など髪にストレスをかけていませんか?そんな髪をナチュラルホホバシャンプー「uruotte」で頭皮から健康に美しくしましょう!

『uruotte(うるおって)』シャンプーお試し<315円・送料無料>

Appendix

髪で悩む人へ

髪で悩む人へ

人によって髪の悩みはいろいろですね、髪型、抜け毛、薄毛、枝毛、くせ毛などいろいろですそんな人にいろいろアドバイスできたらなと思っています。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse
利用規約

Monthly

Recent Entries

Categories