髪のお悩みアドバイス

髪型・薄毛・髪の傷みなど髪の悩みを解消していきましょう。

髪の傷みを抑えたヘアカラーの方法

髪の毛をカラーリングで良い感じの髪の色に仕上げても、後で髪が傷んでパサついてはせっかくのカラーも台無しです。
髪の傷みを抑えたヘアカラーの仕方というのはあるのでしょうか?

まず髪のカラーリングの種類にはアルカリ性と酸性があり、髪の色を明るくする為の脱色効果のあるカラーはアルカリ性なんです、このヘアカラーの中にはハイライトやメッシュも含まれるという事で髪全体を染めるカラーの事をカラーリングというようです。

だから髪に鮮やかな色を重視したいならカラーリング、自然な感じを出したいのならハイライトが向いているみたいですね。

それから酸性のヘアカラーはヘアマニキュアの事です、これだと髪には全くダメージがないという事なんですが、ヘアマニキュアの場合は色はほとんど変化がないそうです。

ヘアマニキュアの使い方としては髪に色をつけるというよりもコーティングに使うといいみたいです、ヘアマニキュアは艶出しの効果もあるので、アルカリのヘアカラーで自分好みの色にした後でトリートメントの意味合いで透明のマニキュアをするといいです。

いい感じに染まった髪の色はこういった方法でキレイに仕上げして少しでも長くいい色を維持させましょう。

 | HOME | 

髪を傷めるヘアカラー、頭皮の毛穴をふさぐスタイリング剤など髪にストレスをかけていませんか?そんな髪をナチュラルホホバシャンプー「uruotte」で頭皮から健康に美しくしましょう!

『uruotte(うるおって)』シャンプーお試し<315円・送料無料>

Appendix

髪で悩む人へ

髪で悩む人へ

人によって髪の悩みはいろいろですね、髪型、抜け毛、薄毛、枝毛、くせ毛などいろいろですそんな人にいろいろアドバイスできたらなと思っています。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse
利用規約

Monthly

Recent Entries

Categories